top of page

件名: Sanmenxia yellow river race

件名: 中国のレースに来ています

 

黄河のほとりで行われる。

Sanmenxia yellow river race招待を受けたのは5月の15日ごろであった。

予定を見ると行けるということであるが19歳以上の選手が現在のACAでは日本人は2名しかおらず

外国の選手もフィリピンのMAR選手以外は都合がつかなかった。

そこでツイッターとフェイスブックで選手を募ったが、日本語で募ったにもかかわらず

最終的に応募があったのは、私のアカウントを知るマレーシア人、コロンビア人、フランス人であった。

予算の関係でコロンビア人とフランス人はカットして、1週間前に日本人の井村選手、マレーシア人のヨンリ選手とJIA CHENG選手。フィリピン人のMAR選手、中国人のLIU選手で選手を確定した。

 

ビザの発行でも現在の社会情勢でかなり手間がかかった。

スポンサーである、ODINの楊さんと妻のルオンに帯同してもらった。

 

会場についてから30日のレースがキャンセルされたことを知る。

 

レースは28日、30日の2レースで初日は136kmの黄河の湖畔に降りてから100メートルの標高差を上がってくる8.5kmを16周するコース。

スタートからNIPPO VINI FANTINIで選手だったグロスとレバンテに所属するモンゴル人エボを含む3名が逃げた。

強力な逃げにこのまま逃げ切るだろうと思ってみていたが、COLUMBIA TAISHAN SPORTS COMPANY TEAMが落ち着いて集団をコントロールして一気に追撃を作って追いついて、7名の逃げに3名送り込んで形勢を逆転。最終的にエボもグロスもリタイヤに追い込まれた。

優勝賞金総額が600万円と多いレースであるがゆえに見ごたえのあるレースであったが、ACAのメンバーは最後までフィリピンのMAR選手が集団に食らいついたものの脚が釣ってしまいリタイヤ。

全員がリタイヤという洗礼を受けてしまった。

 

コロナ明けでアジア復帰一戦目を惨敗に終わってしまったが、しっかりと受け止めて次戦に備えたいと思います。

 

ご支援ありがとうございます。

今後ともよろしくお願いいたします。

 

福島晋一



閲覧数:35回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page